教えることが楽しくなる
コラム

ブログ

研修転移に関する5つの質問〜①研修評価編〜

みなさん、お世話になります。 講師ビジョンの島村です。 『研修開発入門 「研修転移」の理論と実践』 (ダイヤモンド社) が出版され、まだ、1ヶ月 経っておりませんが、 早速ですが、重版がかかりました! 実際に1冊お買い求 …

初出版のお知らせ<立教大学 経営学部 中原淳教授方との共著>

<出版のご報告>   この度、立教大学・経営学部教授の中原淳先生、 ラーンウェル代表の関根雅泰さん、 ラーニング・クリエイトの鈴木英智佳さんとの共著、     「研修開発入門 「研修転移」の …

年頭所感(2018年)

新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくおねがいいたします。   講師ビジョン株式会社は、創業して3期目に入りました。旧年は、多くの方々に支えていただき、育成型の内製研修の支援を中心に多くのお …

行動変容型の研修企画に必要な担当者の熱量とは

参加者の職場での行動変容を求める研修を企画する場合に、周囲の反発や抵抗が生じることはよくあることです。 例えば、 ・「研修を通常取り実施するだけで十分なのではないか?」 ・「過去にも行動変容を数値で追ったがあまり効果がな …

小さく始めて大きく育てる研修企画の秘訣とは

研修の参加者の行動変容を意識した企画をする場合に、みなさんはどんな点を意識されますか?私が、受講者の行動変容を前提にした研修を企画するときに意識していることは、まず小さく始めて周囲の感触を探り、微修正をかけながら対象範囲 …

その研修は、組織課題に寄与できるのか?

私たちが企画する研修は、そもそも職場のどんな課題を解決しようとしているのでしょうか? そして、企画した研修を実施したあと、その課題は本当に解決しているのでしょうか?   上記の問いは、現在の私が研修を企画する際 …

効果測定(レベル3)を意識した研修企画のポイント

行動変容を意識した研修の効果測定は、どのように実施するのが効果的でしょうか? 通常の研修アンケートでは、カークパトリックの4段階評価法のレベル1のアンケートを実施している企業が多いのではないかと思います。たいていの企業は …

行動変容に繋がる研修企画の意外なポイントとは?

社員の皆さんが、研修で学んだことを職場で確実に行動に移すような研修にするには、 研修の参加人数は何人が適正だと思いますか?   研修企画担当者としては、少ない人数というよりは、1回に参加する人数をなるべく多くし …

年頭所感

新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくおねがいいたします。 講師ビジョン株式会社は、創業して2期目に入りました。旧年は、多くの方々に支えていただき、社内講師の育成を中心に多くの研修を提供することができ …

初めて研修を社内で作る時の逆転の発想法

こんにちは。今日は、社内研修を開発する時の逆転の発想法についてお伝えしたいと思います 社内で研修を開発しようと思ってもなかなか手につかない理由の代表的なところとして、担当者が異動してしまい、社内に研修開発のノウハウが残ら …

1 2 »

取材記事

ソフトバンク流の研修内製化の真実
①ダイヤモンドオンライン


社内講師をいかにして育成するのか
②日本の人事部


育成型「内製研修」の導入法
③人事マネジメント


今こそ投資すべき研修の内製化
④HRpro


研修運営のために人事がすべきこと
⑤@人事

ご案内

bn_greeting


/bn_maga-1


bn_jirei2

PAGETOP
Copyright © 講師ビジョン株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.