オンライン新人研修:事前チェック7項目(本番対応編)

みなさん、こんにちは。
講師ビジョンの島村です。

本日は、オンライン新人研修における
開始から終了後のフォローまでの
7つのチェックポイントをまとめました。

最後の確認にぜひ活用いただければ幸いです。

オンライン新人研修:
ー事前チェック7項目(本番対応編)ー

①オープニングでの早期巻き込みの徹底

2つを意識して行ってください。
1)アンケート(投票)機能や頭の上で
丸を作らせるなど、すぐに参画させる
2)次にブレイクアウトルームなどで
参加者同士の自己紹介などをさせる
 

②参加者への質問(投げかけ)の徹底

オンラインは飽きやすいので、2つを
意識してください。
1)「みなさんは〜についてどう思う
でしょうか?」などの全体への投げかけ
2)「このレクチャーの後、どなたかに
意見を求めますのでしっかりとメモなど
お願いできますか?」という問いかけ
 

③小刻みな休憩の徹底

オンライン研修は想像以上に疲れます。
同じ姿勢でずっと画面を見続けます。
小刻みな休憩を画面越しの参加者の様子
を伺いながら判断してください。
全員で画面越しに椅子に座った状態での
ストレッチも効果的です。
 

④クロージングでの感想と課題の明確化

ブレイクアウトルームなどでグループで
の感想、気づきをシェアしスプレッド
シートなどに書き込んでもらいます。
 

⑤スプレッドシートやSNSなどとの連携

グーグルのスプレットシートやFacebook
のクローズドコミュニティで記入してもら
うことで話し合った内容を残すことができ、
成功事例の共有や課題の共有ができます。
ナレッジマネジメントの視点を持つことも
大切です。ZOOMチャット機能は流れてし
まいやすいです。

教育担当として参加者全体の意見や課題を
掴みやすいのでフォローしやすくなります。
 

⑥事後課題で補完する体制を作る

想像以上に参加者が疲れていたり、盛り上
がりに欠けたり、システムトラブルがあった
り色々起きるのがオンライン研修です。
早めに終わっても事後課題があることで、
場を持たせたり、時間調整になります。
 

⑦資料やデータの共有(欠席者対応含む)

ZOOMは、録画ができるので、欠席者へ
フォローがしやすい。画面共有した資料
も忘れずにシェアしてください。
 

新人研修はもうすでに直前に迫っております。
ぜひ、ご活用いただき、オンライン新人研修の
成功につなげていただけましたら嬉しいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください