東洋経済オンライン:新人の指導は、悩まず「10秒」で十分な理由

新人の指導は、悩まず「10秒」で十分な理由

元「ソフトバンク人材育成の「匠」の質問術

 

<はじめに>
「新人を早く育てたい」「でも手取り足取り教えている時間はない」というジレンマは、
多くのビジネスリーダーが抱える悩みだ。若手社員が入社数年で退職・転職し、人手不足や
タレントの奪い合いが常態化しはじめている昨今、新人教育の悩みは企業にとってこれまで
以上に深くなりつつある。ソフトバンクで2万人の社員教育に関わり、
10秒で新人を伸ばす質問術』(東洋経済新報社)を上梓した人材育成のプロが、その処方箋を提示する。

<本文>
ぜひ、続きを以下からお読みいただけるありがたいです。
https://toyokeizai.net/articles/-/303155

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください