新入・若手社員 まわりと差がつく!PDCA仕事術【午後】

東京
定額制専用

日時と会場

参加者料金を確認する

2017年05月15日(月) 14:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2017年05月15日(月) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

新入社員・若手社員

講師

講師ビジョン株式会社  代表取締役  島村 公俊 氏
島村 公俊 氏 略歴:2001年人事コンサルティング会社入社後、2006年よりソフトバンク株式会社にてソフトバンクユニバーシティの立ち上げに参画。プログラム開発、社内講師の育成体系作りに従事し、100名を超える社内講師を育成。ソフトバンクアワードはじめ国内外で受賞多数。慶應丸の内シティキャンパス、早稲田大学、東京都教育庁など外部講演も多数実施。ダイヤモンドオンラインにて「ソフトバンク流研修内製化の真実」を執筆。2016年より講師ビジョン株式会社代表取締役とて、“教える人を育成する”をテーマに、社内講師の養成研修、OJTリーダー研修、プレマネジャー研修、リクルーター研修、チュータートレーニングなど、各種研修を提供し好評を得ている。

概要(狙い)

・主体的に仕事を進めるための積極的なPDCAのまわし方を理解します
・上司の期待に応え、周囲の支援を引き出す仕事の進め方を身につけます

プログラム

1.常に先手を取り続けるPlanとは
1)主体的な仕事の進め方とは
・PDCAの実践を通じて関係者の期待に応え、支援を引き出す
2)Planは3つに分けて考える
・目的、ゴール、段取りを効率的に捉えるポイントとは
3)相手の期待値を超える仕事とは
・ゴールイメージのすり合わせと割り込み仕事の対処法を考える2.報連相を徹底するDoとは
1)報連相の目的はどこに?
・仕事を前に進めるための報連相を考える
2)わかっていてもなぜかできない報連相
・時間的な制約と心の葛藤の乗り越え方を学ぶ
3)効果的な報連相の仕方とは
・実践ポイントを掴む

3.自ら取りに行くCheck、Actionとは
1)自ら積極的に仕事を振り返る方法とは
・なんとなく感じたことでなく、積極的に振り返る具体的な視点を考える
2)他者からの評価や意見を自ら取りに行く
・関係者の期待を超えるための具体的な聴き方を知る
3)経験を次の仕事に活かすために必要なこと
・自身の仕事を通じてマイセオリーを紡ぎ出す